認 定 機 関
 社団法人 日本建築板金協会
基 幹 技 能 者 の 役 割
 上級職長等として、建設工事現場において効率的かつ生産性の高い工事を実施する熟練技能者のことをいい
 多業種・団体が参加しています
【必要とされる能力】
  ・熟達した作業能力
  ・技術の進展等に対応した関連知識
  ・効率的な作業実施のための現場管理能力 等
【現場での役割】
  ・他の技術者への指示、指導、適切な役割分担
  ・現場状況に応じた施工方法や工程の提案、調整
  ・前後する工程に配慮した他職長との連絡調整
建 築 板 金 基 幹 技 能 者 の 役 割
 ・屋根及び外壁を中心とした建築外装施工の専門工事業を支える中核的人材であること
 ・責任施工制度の人材版保証書となれる存在であること
 ・現場を中心に技能と技術の間を双方向に中継できる熟達した技能者であること
【必要とされる資格】
  ・建築板金1級技能士
  ・安全衛生上の管理講習修了者
  ・都道府県組合、板金工業組合の認定
 ※建築板金基幹技能者は専門領域に限定されたもので
  全領域を対象とする建設業法に基づいた資格取得者で
  あることは必要とされていません